7
10 月
2007

決算特別委員会が始動

5日の本会議において、本年度の決算特別委員会の設置が設置が決まり、早速1回目の委員会が開催されました。わが会派からは、宮澤宗弘、小島康晴、高島陽子の3名が委員となっています。12月議会までに、現地調査や本庁での調査を行い、平成18年度の各会計の執行状況をチェックする予定です。

 

(参考)自治体の決算の流れ

長野県の会計の中心である「一般会計」を例にしますと

3月31日  会計年度の終了
5月31日  出納閉鎖(この間2ヶ月は出納整理期間、いわば精算中ということです)
8月31日  この日までに、「会計管理者」が知事に決算を提出します。
        知事はこれを監査委員の審査に付します。
9月12日  監査委員は監査を実施し、その結果を知事に提出し公表します。
9月県議会 知事は監査委員の意見を添付して、決算を議会の認定に付します。
        議会は決算特別委員会を設置して、決算の認定を付託(任せる)します。
12月議会  この間に特別委員会で調査を行い、その結果を本会議で確認します。

 

*このように、決算の確認は半年余りかけて慎重に行われます。翌年度(決算からみれば2年後)の予算編成の参考に何とか間に合うというシステムです。