5
9 月
2008

議会基本条例研究会

 9月2日(火)に県議会の「議会基本条例研究会」が開催され、わが会派からは竹内・小島両議員が出席しました。
 この日の研究会では、前回の会議で各会派が持ち寄った議会改革の諸課題について、四役会議で検討した論点整理が報告され、今後の進め方等について論議しました。
 課題の整理としては、地方自治法の改正による(改正を待つ)ものは除外し、現行の条例や規則、先例やその改訂ですむか、新たな基本条例を必要とするかについて検討を深めることとなります。
 その中で、条例を制定するかどうかについて、改めて慎重な姿勢を示す会派もありましたが、その他の会派も含め、議員全員が条例制定について理解を深めるには、具体的な内容などを示す必要があることから、「小委員会」のようなものを設置し(わが会派からは竹内議員が参加)、さらに検討することになりました。

2
9 月
2008

飯伊地方のひょう(雹)害について副知事申し入れ

雹害副知事陳情

2日は、それぞれの活動で会派室を9議員が終日、出入りしました。

議会基本条例研究会に出席議員。庁内外での陳情や公務、そのほかの合間に立ち寄った議員。委員会現地調査の終了後に訪れた議員。おのおのの調査活動も進めているようで、担当職員を会派室に呼んで説明を受けている姿も。

そんな中、今日の話題はこれです。

飯伊地方の農作物のひょう(雹)害について、地元の森田・小島両議員が副知事に申し入れをしました。

吉川達郎豊丘村長らとともに、腰原愛正副知事を訪れて、8月29日に降ったひょうのために、収穫前の果樹が被害を受け、被害総額は3億6千万円になったことを報告。

傷んだリンゴや被害果樹の写真を見せながら、県に今後の技術的指導などを要望しました。