25
4 月
2008

過疎・中山間地域振興条例(仮称)制定検討調査会の取り組み

 4月24日、第2回調査会が行われ、わが会派からは、宮澤、小島、高島議員が出席しました。
 過疎地域自立促進特別措置法(通称過疎法)が平成22年3月に期限が切れることも踏まえ、県として独自の条例を制定するかどうか検討する会です。すでに福島県、山口県、岡山県、島根県では同趣旨の条例が制定されており、調査会のメンバーが視察にもいっています。

 今回は、過疎法を中心に、過疎地域への支援策について現状を確認しました。市町村課、生活排水課、農村振興課、林務部、道路管理課など多岐にわたって施策が展開されています。これが、根拠法である過疎法がなくなると継続は大変困難になります。
 また、地域の現状を把握するため、5月9日の北信地方を皮切りに現地調査や地域の皆さんとの懇談等にも取り組みます。

3
4 月
2008

新年度スタート

幹事長の竹内です。
4月に入り新年度のスタートです。

 改革・緑新では4月3日、全員が集まり新年度を迎えての団会議を開きました。
 まず、会派の各議員の役職の留任と議会の広報委員会委員を引き続き髙島議員が行うことを確認。
 その後、今年度の会派としての活動の基本的な方向を確認しました。
 その中には、各議員がこのHPに頻繁に記事を投稿して、充実した発信を行うこともあります。詳細な年間スケジュールは、4月15日に行われる議会運営委員会と正副委員長会議を待たないと決められませんが、特捜テーマを設定して班ごとに調査活動を行うことや「おでかけ懇談会」の開催、県政課題や議会改革に関し積極的な申し入れ活動を行うことなど、構成議員一同、新年度を迎えて張り切っていました。

また、この日は包括外部監査結果についての勉強会も行いました。 

 4月11日には、三重県議会主催で行われる「全国自治体議会 議会改革推進シンポジウム2008」に会派から8名の議員が参加することになりました。
 また、16日~17日にかけては、設定した特捜課題調査のため、環境省と茨城県等へ伺うことにしました。

 なお、次回の団会議は4月21日に行います。