21
3 月
2008

2月定例会終了

幹事長の竹内です。

 3月19日で、長かった2月定例県議会が終わりました。
 新しい委員会等の所属も決まり、みんな地元に帰って行きました。
 これからは職員の皆さんの人事異動があり、4月中旬までは県庁内も何か落ち着かない時期を向かえます。

 会派では3月25日から27日と6名の議員が北陸方面へ廃棄物行政や過疎対策を視察調査、4月3日は団会議を開き新年度の方針、4月11日から12日は三重県で行われる議会改革シンポジュウム等に参加の予定です。

16
3 月
2008

2月定例会も終盤に

幹事長の竹内です。

 2月20日から開催された2月定例県議会は、3月14日に議案の本会議での採決が行われ、後は正副議長や各常任委員会・特別委員会等の正副委員長や議員の所属を決めるだけとなりました。
 当初予算案や各種条例案等を審議し議会人事を決める2月定例議会は、会期も他の定例会と比較し長いため、改革・緑新のメンバーも疲れたと思います。

 一部マスコミでは今議会が「緊張感欠く本会議」とか「独自の調査工夫乏しく」などと報道されていますが、私達会派の倉田代表の代表質問は会派で議論し現県政に対する基本的な姿勢や県政課題を実直に質した内容であり、一般質問を行った寺島・宮澤・森田・野澤・高島・小島各議員の質問内容は、それぞれの議員の活動で直面する課題や将来の県政への提案を含め緊張感ある質問であったと思います。

 また、下沢議員は松本市長選で多忙な中、今議会で注目された「廃棄物条例案」について、所属する商工観光生活環境委員会での集中審議を経て会派で検討した「附帯決議」を提案し、この条例案を採決した本会議においても、今後この「附帯決議」を生かすための討論を行うなど、大活躍でした。

 昨年の改選を経て、4月25日に改革・緑新がスタートし一年が経過しようとしていますが、この2月議会から一年間を振り返ると、それぞれの構成議員の個性が生かされるようになって来たと思います。
 しかし、各議員が自分の議会審議準備や行事に追われ、この「改革・緑新日記」に今日まで誰も投稿しなかったことは私も含め極めて怠慢であると反省しています。